医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

スポンサーリンク



レセプト

スタッフ退職時の引き継ぎは大丈夫?役職者はどう関わるのか

医療業界は、医療事務だけに関わらず退職が頻繁にあります。 人の入れ替わりが多く、引き継ぎ作業が常に行われている印象です。 中でも当院の医療事務は退職が多いため、後任への引き継ぎ作業は止むことがありません。 しかし、 先日、業務がうまく引き継げ…

鍼灸・マッサージの治療に医療保険は使えるのか?

鍼灸・あん摩マッサージって保険がきくの? 結論から言うとそれぞれの条件を満たせば、保険が使用できます。通常自費で支払うマッサージや鍼灸を医療保険の一部負担金でまかなえたら、ありがたいですよね。 医療事務であればある程度の知識があるので制度の…

アイピーディカプセルは間質性膀胱炎の適用が無かった?!

泌尿器のレセプトを確認していたところ、間質性膀胱炎の患者に対してアイピーディカプセルが処方されていました。 適用病名が無いと思ったので、処方医に確認すると、『これ、前から出してるよ』という返答でした。 ええ?!適用病名じゃないのに、、でも今…

入院中の残薬は退院時処方として算定します

先日、DPCの入院係から退院時処方について相談を受けました。 入院中に処方した薬剤に残薬が出て、 それを退院時処方として持ち帰る場合の算定方法です。 今は医事システムで算定だけしているみたいですが、 カルテには何記載もオーダもありません。 それ…

高血圧治療薬「Ca拮抗薬」の多剤併用は査定されます

レセプトの査定情報です。 最近、院外処方の査定が目立ちます。 内訳は、 病名漏れが半分、過剰が半分くらいです。 今回は、 最近査定のあった事例の紹介です。 Ca拮抗薬の査定 Ca拮抗薬は高血圧治療によく使用される薬です。 Ca拮抗薬は主にジヒドロピリ…

救急患者受け入れ後、死亡した場合は入院料で算定する?!

当院は、救急指定病院のため救急車の急患対応も行っています。 二次救急医療機関です。 あまりケースは多くありませんが、 重篤な状態の患者さんが運ばれてくる場合もあります。 今回は、レセプト点検をしていて、 発見したケースについてまとめてみます。 …

超音波検査法の算定について

以前に、超音波検査について書いていましたが、 パルスドプラ法加算の査定についてでした。 今回は、超音波検査法について書いてみたいと思います。 www.iryoujimu-blog.com 超音波検査とは 放射線被ばくがなく、すぐに断層画像が得られるため、 胸腹部や産…

アルフェンスシーネとは?その計算方法について

医療事務の一つである「診療計算」 毎日膨大な数の患者さんの診療費を計算しています。 診療点数早見表です。 これに書かれたルール通りに計算しなければいけません。 今日は最近起こった当院の事例を用いてまとめてみたいと思います。 先日の事例 整形外科…

タケルダ配合錠が査定です

先日査定情報を確認していました。 タケルダ配合錠がいくつか査定されていました。 注意して点検するように伝えたのですが、チェッカーに登録するのを忘れていたようです。 タケルダ配合錠についてまとめてみます。 タケルダ配合錠とは、 2014年6月よりタケ…

院外処方薬の査定

早いもので5月ももうすぐ終わりですね。 あっという間に月末で、レセプトの作業を始めています。 先日、査定の分析をしていた時、院外処方薬の査定についての話題になりました。 残念ながら薬の病名漏れが多かったです。このお話は次回。。。 今回は、院外…

PPIの処方について

消化器潰瘍には良く使われる「PPI」 良く使われるだけに査定の対象になりやすいです。 どのような薬なのか、まとめてみたいと思います。 PPIとは? プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、胃内において胃酸分泌を抑え、胃潰瘍などを治療し逆流 性食道炎に伴う痛…

義肢装具採寸法について

先日、患者さんから料金について問い合わせがありました。 装具の採寸料についてです。 当院の医事課スタッフはほとんどの人がどのような点数か知らずに算定していたようです。 少しまとめてみたいと思います。 義肢装具採寸法 当院では、提携の義肢装具士が…

外傷創の分類について

レセプトも順調です。問題なく提出できそうです。 これで終りではありません。今回のレセプトの内容から、レセプトシステムのチューンアップをかける必要があります。これが大変な作業ですが、先を見据えた時に必ず効果が表れます。 今回は、レセプト期間中…

FDP定性が査定です

GWいかがお過ごしでしょうか。 3日4日は休日を満喫し、遊び疲れてブログを書く元気がありませんでした。 徐々に仕事モードに切り替えていきます。 本日は、査定情報です。 病名:播種性血管内凝固の疑い 査定事由【A】 FDP定性 80×1 → 0 同時にDダイマーを実…

GWの医療事務は?

すでに、大企業では大型連休でお出かけの方も多いとは思います。 多い人で9日、10日くらいは連休なのでしょうか。 毎年、医事課はレセプト期間と重なるため、悩まれる病院も多いとは思います。 カレンダー通りに休む! レセプトチェッカーを活用しているため…

アルツディスポが査定です

忘れないうちに、査定情報をまとめておきます。 当院は整形外科があるので、関節腔内注射でアルツディスポ関節注25mgを使用します。これが、今回査定されていました。 関節腔内注射とは? 関節とは、骨と骨のつなぎ目の部分で、レントゲンでは、骨しか見えま…

パルスドプラ法加算の査定です。

毎月、査定項目の検討会(勉強会)を医事課で行っています。 その中でパルスドプラ法の査定がありましたので今日はドプラのまとめをしてみます。 パルスドプラ法とは? パルスドプラ法 超音波の送信波をある長さのパルス波(数波長程度)として送り,その反…

皮膚欠損用創傷被覆材の算定について

先日、外科の医師から「デュオアクティブを使用するにあたって、算定要件を知りたい」と連絡があり、医師と話し合いを行いました。 点数本の算定要件は? 皮膚欠損創傷被覆材について ア 主として創面保護を目的とする被覆材の費用は、当該材料を使用する手…