医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

受付

マイナンバーカードが共通の診察券になる?!

2016年1月1日「マイナンバー制度」がスタートし、自宅にマイナンバー通知カードが届きましたね。すでにマイナンバーカードを取得されて、活用されている方もいるかもしれません。 私のまわりでは、マイナンバーカードを取得されている人はあまりいません。 …

JICAのメディカルカードを提出された場合の対応方について

先日、外国人患者が受診に来られました。 その際、「メディカルカード」というものを提出されましたが、初めて見たものだったので、受付の事務員が困惑していました。 今回はメディカルカードについて書いてみます。 メディカルカードって? 請求方法は? メ…

悪質な営業電話の対応について、院内でルールを作成しました。

医療事務は病院の代表電話の対応をしなければなりません。 毎日何十本もの電話が鳴る中、悪質な営業の電話もかかってきます。今日は、そんな営業電話の対応方法について書いてみたいと思います。 営業の電話って? 病院としての対策は? 職員なりすまし電話…

未成年が来院した場合の病院受診について

先日、夜の診察時間帯に未成年の患者が外科受診に来られました。 しかし親は同行しておらず、聞いても家庭の事情で来れないということでした。 新人がどうすればよいか相談してきました。 今回は、未成年の病院受診についてまとめてみました。 今回のケース …

医療事務は電話対応が大切!コンテストに参加しますよ

電話対応に対する意識を高める 医療事務に限らず、どの職種でも電話対応をする機会があると思います。 特に、病院の電話対応は診察の予約や症状の問合せ、急患の受け入れ等重要なケースが非常に多いです。 当院では電話対応に対する意識を高めるために、第3…

業務フローを活用した医療事務の業務改善について

医療事務の業務・サービスはどの職員が担当しても同じ方法、同じ内容で行われ、確実に業務が遂行される必要があります。 しかし、マニュアルがない、あっても使用されていないというケースにおいては、職員がその都度判断する必要があります。 せっかくマニ…

病院のかかり方を考えよう

日頃から節約を心がけている人は多いことでしょう。 「医療費」に関してはいかがでしょうか? 「健康にかかわることだから…」 と医療費を気にせずに受診する人が多いような気がします。 しかし、少しの心がけで節約することができます。 とはいっても、本当…

薬剤情報の再発行?

先日、患者さんより薬剤情報について問い合わせがありました。 院外の薬局でもらった薬剤情報を紛失してしまったので、 もう一度説明用紙をもらいたいが、どうすればよいか?とのことでした。 う~ん、院内処方であれば当院の薬剤師が薬剤情報を渡して説明し…

救急は断るな?!

先日、当直業務に入っていた時、少し思うことがありました。 少し私なりの考えを書いてみたいを思います。 当直帯の人員 二次救急指定医療機関 事務当直1名 救急看護師1名 放射線技師1名 当直医師1名(外科) 1人の患者さんが来られたら、かかりっきり…

紹介状作成料について

梅雨入りと情報が入っていますが、 しばらくは晴れ間が続きそうです。 先日、紹介状を書いて欲しいとのことで問い合わせがありました。 一旦書類申請用紙を記入してもらい、 事務員から先生に渡すシステムになっています。 患者からはなるべく急ぎで欲しいと…

指輪の切断費用について

月末にさしかかり、医事課はレセプト作業がすでに始まっています。 日々診療していると、保険請求できない処置が発生する場合があります。 先日、 当直業務中に提携の老人ホームから連絡がありました。 利用者の方が、指輪をしたところ、指が腫れていて抜け…

クレーム対応について

高齢化率が年々上昇し、病院で発生するクレームもおのずと増加していきます。 もちろん若い方からの声もありますが、やはり高齢の方が多い印象があります。 クレームの対処方法 基本的には複数で対応します。 まずは、こちらの対応で『不快な思いをさせた事…

仕事中のおしゃべり

受付に限らず、仕事中におしゃべりをする人がいます。 医療事務という世界は女性がほとんどです。 当院も98%が女性です。 世代ごとの派閥があったりもしますが、仲がいいのは良いことです。 しかしながらそれによる弊害もあります。 何の話をしているの? 業…

外国人対応について

ここ最近、外国人患者の時間外問い合わせが急増しています。 宿泊先ホテルからの連絡や、連絡もなしに直接来院される人もいます。 人が多い午前中に来られるのはまだいいのですが、夕方以降や深夜にも多い印象です。 患者数増加の原因は? 特に今年に入って…