医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

施設基準の管理をしよう

前任者から引き継いだ施設基準の管理ですが、

情報が整理されていないので、実績を出す際に一苦労します。

 

施設基準とは

厚生労働大臣が定めた、医療機関の機能や設備、診療体制等の基準を定めて、それに適合した病院に対して点数が算定できるものです。

 

施設基準がない点数もありますが、

施設基準が必要なものは、地方厚生局に届け出が必要です。

誤った届け出をしていたり、基準を満たしていなかったりすれば、点数は返還されてしまいます。

点数を算定するために欠かせない手続きなので、

医療事務としては、施設基準の管理は超重要なのです。

 

届け出した控えはファイルに綴じてあります。

前任者はそれで管理していたみたいですが、アナログですよね。

作成したデータもどこにあるかわかりませんw

 

データベース化して管理した方が検索性も良いです。

施設基準を満たしているかどうかの管理方法は、厚生局の個別調査や、病院機能評価なんかでも問われてきます。

管理方法を一新します。

 

医療事務の重要な仕事

レセプトを出して収益とするためには、施設基準の管理が重要です。

他の病院でも医事課の役職者が管理をしているのでしょうか。

 

厚生局の適時調査が入るような噂も耳に入ってきています。

要するに抜き打ちチェックです。

ちゃんとルールに基づいて請求しているかを調査するのです。

もちろん、ルール違反したらお金は返してねって言われます。

これほど恐ろしくて面倒なことはありません。

調査に耐えうる体制を整えるべく、今から準備を整えます。