医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

戸建てVS賃貸

賃貸VS戸建てはどちらがいいのか?永遠のテーマであり、論争になりますね。

apartment, architecture, buildings

 

どっちがいいの?

賃貸はお金が消えていくだけだから、資産として家を持っていた方がいいんじゃない?

今払っている家賃より月々の支払が安いから、持ち家の方がいいじゃん。

なんてことをよく聞きます、

まずはそれぞれのメリット、デメリットから。

賃貸

<メリット>
・ローンがないので破たんリスクがない
・家族構成や住環境の変化に応じて、その都度ライフスタイルに合った広さや家賃の物件に引越しすることができる
・隣人とのトラブルが起きても、持ち家より気軽に引越しをすることができる
・世帯主の年収がダウンした場合でも、家賃の安い物件に移り倹約することができる
・最終的に老後は老人ホームや高齢者住宅にいくという選択肢も残せる

<デメリット>
・改築、壁に穴を開けるなど自由にリフォームすることができない
・防音性が低い物件が多い
・家賃を払い続けなければならない、という老後に向けての精神的な不安

 

 

戸建て

<メリット>
・マイホームを手に入れたという満足感と安心
・間取りを変更したり、好みの内装に変更したり自由にリフォームができる
・老後を見越してバリアフリー仕様で建てられる
・「持ち家」であることで社会的信用を得られる
・世帯主にいざということがあったら、団体信用生命保険に加入していることで住宅ローンの支払いがなくなる

<デメリット>
・家を買うための多額の住宅購入費用が必要になる
・家族構成やライフスタイルの変化があっても簡単に住み替えできない
・住み替えによる家の売却では、思っている金額で売れなかったり買い手がつかなかったりする場合が多い

 

 

住みやすさだと、共働きだとマンション。

子育ては戸建て。というところでしょうか。

 

ライフプランを作ろう

賃貸にせよ戸建てにせよ、自分が今から老後どのように生活していきたいかをしっかり考える必要があります。

特に戸建てを購入する際には、ライフプランの作成は必須だと私は思っています。

出産や進学などのライフイベントも計算し、キャッシュフロー表も併せて作成して、自分の資金計画をたてます。

そのうえで、いくらまでの戸建てなら購入可能かを検討するべきです。

 

ライフプランシミュレーション | スルガ銀行

こちらのライフプランシュミレーションは詳細に作成できます。

 

自分に合った計画を立てればいいのです。

高望みすれば、その分生活は苦しくなります。。

 

新築戸建ては良い?

 

でもやっぱり、自分の家って持ちたいですよね。 

戸建ての場合、日本人の風習なのか、新築を好む傾向があります。

これはマイホームであっても賃貸であっても同じです。

海外の戸建ては、伝統ある建物を好むため中古物件の方が人気のようですね。

 

基本的に、大きな買い物をする時は、資産価値が保たれやすいものを買うことが大切です。

新築マイホームはどうでしょう?

銀行融資の基準では建物価格は法定耐用年数しか見ないので、木造建物は22年後に価値がゼロになります。

もちろん、耐用年数は40年くらいあるみたいですが。。

ということは土地の価値だけになってしまいます。

 

マイホームを新築で購入するのか、駅近築22年以降の中古木造物件を購入するのか

木造物件をフルリノベーションすれば、幾らかかるのでしょうか。

大きな差が生まれそうですよね。

なんにせよ大きな買い物です。

イメージだけで、新築の戸建てがいい!なんて決め方はしたくないですよね。

 しっかりと資産計画を立てれば、医療事務のような薄給でも家は立てれるはずです。