医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

スポンサーリンク



医療保険はムダなのか?

限られた資源の中でやりくりするためには、しっかりとした資金計画が必要です。

この月々いくら支払えるかの金額を計算するときに無駄な支出が入っていると、支払える金額を少なく見積もってしまい、予算が少なくなってしまいます。

結果、欲しい車が買えなかった、本当に欲しかった家が買えなかったということにもなりかねません。

そのなかでも、医療事務員とかかわりの深い、医療保険について触れてみます。

 accident, banana skin, be careful

 

 

本当に必要か?

医療保険とは、病気やケガで入院をしたときに、給付金がもらえるものです。

1日5000円や1日10,000円のタイプなどがあります。

 

入院した時の出費を心配して医療保険に入っているとは思いますが、

そもそも、生涯に医療保険に入ってどれくらいの金額を支払っているのでしょうか?

 

こちらのサイトで保険料を計算してみました。 

価格.com - 医療保険の保険料シミュレーション

 

30歳の男性が一生涯保険料を支払い続ける計算です。

約3,000円×12ヶ月×約50年=1800,000円

 

1日1万円の保険に入っていたとしても、2ヶ月入院して60万円です。

大きな手術をしても40万円で、合わせて100万円です。

書類の担当業務をしていた頃、入院期間が180日を超えるので、保険の申請をしたいと言ってこられる方がわずかにいらっしゃいました。

180日以上入院する確率はどれくらいでしょうか?

 

 

それでも将来の事は心配

お金のことは心配になるのは当然です。

そこで、医療事務の知識が役に立ってきます。

 

医療保険を使わずしてたくさんの制度があります。

高額療養費制度

傷病手当金制度

介護保険の補償

自賠責保険

労災保険

出産一時給付金

市区町村が行っている保障(母子家庭、こども医療等)

などなど

 

何より、給料から毎月「健康保険料」として高額な保険料を天引きされているはずです。

保険に既に入っているわけです。

健康保険に、高額療養費や傷病手当金の補償が入っているということですねw

 

 

 

高額療養費は1か月の支払いを限度額まで抑えられるので、非常に便利な制度です。

標準の収入であれば約8万円ほどで済みます。

個室料に関しては保険適用外ですが、

治療上必要のために個室に入らなければいけない場合は、個室料の支払いはする必要がありません。あくまで、個室を希望した場合のみです。

様々な制度を利用すれば、入院時の負担を減らすことが出来ます。

 

その保険で出来ること

医療保険に支払う金額はいくらだったでしょうか?

180万ですよね。

でもこれだけ支払っても、保障がしっかりしていないと損をしてしまいます。

夫婦で支払っていた場合は360万円です。

 

これが無駄な保険だとしたら、

360万円をほしい車や家に回すことが出来れば、生活の質も変わってきますよね。

ローン返済も楽になります。

 

費用面は高額療養費などの健康保険制度で補うことができます。

では、その医療保険じゃないとできないことは何か?

加入するのならしっかりと検討する必要がありますね。