医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

スポンサーリンク



薬剤情報の再発行?

先日、患者さんより薬剤情報について問い合わせがありました。

 

f:id:k-aries0407:20170709121442j:plain

 

院外の薬局でもらった薬剤情報を紛失してしまったので、

もう一度説明用紙をもらいたいが、どうすればよいか?とのことでした。

 

う~ん、院内処方であれば当院の薬剤師が薬剤情報を渡して説明していますが、

調剤薬局となれば話は別です。

当院は一般名処方率は98%以上です。

一般名処方で処方されている薬があった場合、同成分の薬剤を調剤薬局が処方する仕組みになっているため、どの薬が患者さんに手渡されたか、把握ができないのです。

 

一部の調剤薬局からは、一般名処方に対してどの薬剤を処方したか、医療機関に情報提供をしてくれるところもありますが、

基本的には病院のカルテには載りません。

ということで今回のケースは調剤薬局に再発行に行ってもらうこととなりました。

 

医薬分業となり、院外処方が大半となりました。

一般名処方を推進したことで、後発医薬品の使用を促進していますが、

医療機関でも薬剤を把握できるような仕組みはできないでしょうか。

お薬手帳もアナログすぎますし、年配の方だと紛失も多いです。

それこそ、医療情報や保険情報なんかもマイナンバーでリアルタイムに管理できたらいいんですけどねえ。。。