医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

スポンサーリンク



鍼灸・マッサージの治療に医療保険は使えるのか?

f:id:k-aries0407:20170712201850j:plain

鍼灸・あん摩マッサージって保険がきくの?

結論から言うとそれぞれの条件を満たせば、保険が使用できます。通常自費で支払うマッサージや鍼灸を医療保険の一部負担金でまかなえたら、ありがたいですよね。

医療事務であればある程度の知識があるので制度の事は分かっている人が多いとは思いますが、分からない人がほとんどです。

一つずつ解説しながら説明していきたいと思います。

 

鍼灸の保険適用について

まず、鍼灸とは何ぞや?というところから説明していきましょう。

鍼は、髪の毛ほどの太さの針(鍼)を使って、皮膚や筋肉にある神経を刺激し、痛みを和らげたりする治療法です。自己免疫力など人間本来の力を発揮できるようなサポートをするような感じでしょうか。

 

灸は、ヨモギで作ったもぐさを使用して、いわゆるツボに熱刺激を与えることで自然治癒力や免疫力を高め、痛みを抑える効果があります。

東洋医学の治療法の一つで、鍼灸師が施術を行います。

 

保険で治療が受けられる病気は、下記の病名です。

  • 神経痛:顔・胸・腕・腰。足など神経にそって痛むもの。
  • リウマチ:手・膝などの関節がはれて痛むもの。
  • 腰痛症:腰が痛む、重い。
  • 五十肩:肩が痛み、手が上がらない。
  • 頚腕症候群:首・肩・腕にしびれや痛みがあるもの。
  • 頸椎捻挫後遺症など

いずれも慢性的な痛みが起こっているものが対象です。

 

病名が決まっているということは、先に病院又は診療所に受診をしている必要があります。その主治医に『同意書』を書いてもらわなければいけません。

ただし、鍼灸の同意書について医師が同意した場合、その病名については他の保険治療を受けることが出来ません。つまりは、鍼灸に通いながら病院に通院して医療保険を使えないということです。

そのあたりは注意しなければなりません。

 

治療期間は、1回目の同意書での有効期間は3ヶ月です。
3ヶ月を超えてはり・きゅう保険を希望する場合は、患者もしくは鍼灸師が1回目に同意を頂いた医師に確認をとれば、更に3ヶ月有効となります。その後は3ヶ月ごとに同意の確認をとることになります。

同意書

 

あん摩・マッサージの保険適用について

あん摩・マッサージとは

あん摩はツボや経路を施術するのに対して、マッサージはリンパや血液の流れ、筋肉に沿って施術を行うので、施術の方法が双方で違います。

実際に施術をしてもらっても違いに気づかない人もいるかもしれませんね。日本の国家資格は、あん摩・指圧・マッサージとしてひとくくりにされていますので、すべて施術することができます。

 

保険で治療が受けられる病気は、下記のような病名です。

  • 脳血管障害及び後遺症(脳梗塞・脳血栓・脳内出血等)
  • 中枢性神経疾患(パーキンソン病・脳性麻痺など)
  • リウマチ・頚髄損傷等
  • 変形に伴う関節拘縮・筋力低下等(変形性膝関節症・筋無力症等)

鍼灸と同様に、医師の診断の結果、同意書が発行された場合に保険が適用できます。 

こちらについては、同じ病名でも医療機関などで保険治療を受けることが出来ます

 

1回目の同意書の3ヶ月有効で、更に治療を希望されている場合には患者もしくはマッサージ師が、1回目に同意した医師に確認を取れば、更に3か月有効となります。

基本は3か月ごとに同意の確認を取るようになります。


※ はり・きゅう・医療マッサージの保険対象疾患で、歩行困難などで療養されている患者さんは、保険で往療治療を受ける事ができます。

 

同意書

 

保険適用のポイント

ここで一旦、保険適用のポイントをまとめてみます。

  • 病院に受診して、保険適用の病名の診断が付けられている必要がある。
  • 同意書は各治療院に置いてあります。
  • 同意書を記載してもらう場合は、現在かかっている医師にお願いします。
  • 同意書が取れない場合は治療院にご相談すればいいです。
  • 同じ病気では、病院等と並行して保険は使用できません。(マッサージはOK)
  • 現在、薬が出ているときは切れた時から鍼灸の保険が適用されます。 

注意!同意書を書かない医者がいる?

これが結構います。先生は何かと理由を付けて断ってきます。患者さんが希望されているのだから、書いてくれればいいのに、、とは思うのです。

私が今まで言われた理由はこちら。

  • 東洋医学は信頼できない、西洋医学ゼッタイ!
  • 同意書の意味知ってる?何かあった時に責任持てないだろ?
  • 所属している学会に書くなと言われている?

特に、整形外科医は自身の治療行為にプライドがあります。西洋医学で治療中のものを東洋医学に任せるなんて、、『私の治療じゃダメでしたから東洋医学さんにお願いします。』って言ってるようなものです。そんなこと、なかなかやってくれません。

医師ってそういうものです。

 

どうしたら書いてくれるの?

前述したように、整形外科医はオススメしません

かかりつけの診療所などがあればいいですが、無い人は内科などで相談してみる方がいいです。そして、いきなり『鍼灸の同意書を書いて』と言われると、医師も構えてしまい断られるケースが多いです。

 

まずは、何度か通院してみて、『鍼灸やマッサージを受けたい』という希望を出した方がいいです。初診でいきなり診断書は基本断られます。

 

保険治療はできるが、条件が結構厳しい

慢性的な病気を抱えており、その疼痛や拘縮緩和のために保険で施術を行うことが目的です。当てはまる病名が無ければ、保険で施術を受けることができませんのでご注意ください。

治療院の検索はこちらが便利です。

治療院検索 | NPO 全国鍼灸マッサージ協会

 

ちなみに、鍼灸・マッサージの相場ですが

自費で 1時間 5,000円~7,000円だそうです。

保険だと、1,700円、2回目以降は500円以下

 

しっかりと制度を理解して、利用できるものは利用していきたいですね。 

 

保険治療はできないが、体のケアに投資しよう

医療保険を使用するのは、病気になってからにしましょう。まずは病気にならない体作りをするためにも、体のケアは必要不可欠です。

いくつか、マッサージ関連のサイト、商品を集めてみました。

 

 スグヤクリラク

 整体整骨院からボディケアマッサージまで全国幅広く網羅されています。日ごろの仕事の疲れにはボディケアでリラックスしたり、私のようにパソコン作業が多い人は整体がおすすめですね。

 

サイトから予約するとクーポンが使えるのでかなり安くなります。 

 

エステナードLIFTY~リフティ~

今度は自分でマッサージしてみましょうか。

エステナードといえば超音波美顔器で有名ですね。

こちらは、RAIZAP監修の美顔器です。 表情筋のケアとマッサージの2大アプローチで、RF・EMS・IONの三大機能が、ハリを呼び覚ます効果があるようです。

週2回、1回約5分のマッサージで、表情筋にアプローチ。

 

初回単品合計金額から70%OFFでお得です。

 

モミマー

まるで人の手でもまれているような心地よさ。がコンセプトのマッサージ機です。

医療機器認証を取得されており、治療や予防等に効果があります。病院でも利用できる本格的な医療機器であることを認められた製品です。

 こんな方におすすめです。

□ 手軽な価格のマッサージ機を探している!

□ マッサージ機がほしいけど、広いスペースがない!

□ 首・肩を揉みほぐしてほしい!

□ 背中も腰もしっかり揉んでほしい!