医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

スポンサーリンク



iDeCoのデメリットは?! 個人型確定拠出年金について

「現金化したら想像以上だったお子さん現金化したら想像以上だったお子さん」[モデル:ゆうき]のフリー写真素材を拡大

このブログではしつこいくらいに書いていますが、

医療事務はお世辞にも給料が多いとは言えません。

将来の事はしっかりと考えていく必要があります。

 

個人型確定拠出年金の「iDeCo」

平成29年1月から60歳未満のすべての人が加入できるようになりました。

 

将来の年金が不安な中、年金を上乗せでき、節税メリットがあると話題ですが、

そんなイデコのデメリットはあるのでしょうか?

 

iDecoとは?

月々の掛け金を拠出(ショシュツ)し、金融機関から用意された金融商品で運用。

60歳以降に年金または一時金として受け取ります。

「自分で作る年金」と言われていますね。

 

 

掛け金は、月額5,000円以上(1,000円単位)で手軽に始められます。

 

加入資格については、iDeCoナビで確認されるとわかりやすいです。

個人型確定拠出年金ナビ(iDeCoナビ)~イデコ加入ガイド~

 

iDeCoのメリットは?

・掛け金金額が所得税や住民税の計算の対象外(所得控除)で節税になる

・老後の蓄えができる

 

どれくらい所得控除が出来るかはiDeCoナビで確認できます。

税控除を確認する|個人型確定拠出年金イデコ(iDeCo)の所得控除額は?|iDeCoナビ

 

たとえば

年収500万円

月々1万5千円を積み立て

この条件シュミレーションすると

 

節税額が810,000円となります。

f:id:k-aries0407:20170729091857p:plain

f:id:k-aries0407:20170729091929p:plain

 

積立した掛け金が所得控除になって、資産運用できる!

これだけだと、魅力的すぎませんか?

 

じゃあiDeCoのデメリットは?

  • 60歳まで引き出すことができない
  • 金融機関から用意された商品で運用しないといけない
  • 運用手数料がかかる

 

60歳まで引き出すことができない

iDeCoナビにも説明がありました。

原則、60歳以降に老齢給付金として受取ります。ただし、高度障害状態や加入者の死亡の場合、脱退の要件を満たした場合などは、60歳未満でも引き出すことができます。これら以外の理由では、積み立てた資産を引き出すことはできません。

 通常の預金とは違って、自由に引き出すことができない。

ただし、積立の額を減らしたり、一時中断したりすることはできます。

 

金融機関から用意された金融商品で運用しないといけない

年金とはいえ、投資信託です。

投資についての知識がない人には、リスクの少ない商品を提供してくれます。

それだけで、通常の預金で個人年金をしているよりメリットが大きい可能性が高いです。

 

しかし、多少のリスクをとっても投資をしたいという人にとっては、

金融機関によって運用商品の品ぞろえが千差万別です。

イデコは長期の資産形成になりますので、金融機関の選択は非常に大切になりますね。

 

運用手数料がかかる

金融機関ごとに講座管理の手数料に差があり、選択が難しいです。

手数料が高いと、結局ランニングコストがかかりますのでそのあたりも考慮する必要があります。

手数料でiDeCo(イデコ)金融機関を比較|個人型確定拠出年金ナビ「iDeCo(イデコ)ナビ」

 

まとめ

iDeCoで利益を出そうとしないことです。

「個人年金のついでに節税ができる」それだけで十分なメリットです。

しっかりと勉強すれば利益が出るのかもしれませんが、

無理のない範囲で始めることが大事ですね。