医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

スポンサーリンク



タイピングミス対策!キーボードをカスタマイズしてミスを減らそう

「とにかく薄くてスタイリッシュな第2世代バタフライキーボードの打ちやすさとにかく薄くてスタイリッシュな第2世代バタフライキーボードの打ちやすさ」のフリー写真素材を拡大

毎日デスクワークをしていて、何回タイピングミスをしているでしょうか?

タイピングは早い方ですが、ミスも多いです。

でもそれは、キーボードの配置のせいだったりもします。

 

パソコンのキーの中で、ほとんど使わないキーってありませんか?

それを有効活用して、

自分の使いやすいようなキーボードの配列に変更できます。

今回は、KeySwapというフリーソフトでキーボードの配列を変更する方法について紹介します。

  

 

KeySwapって何?

 キーボードに自分の好きな配列を割り当てることができるフリーソフトです。

 

例えば、ctrl を Alt に変更したりできます。

 

私が使用使用しているwindows8でも動作報告がされていて使用できそうです。

 

Windows8動作報告

 

KeySwapをダウンロードする

 

 フリーソフトなので、Vectorからダウンロードできます。

KeySwap for XPの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

 

ファイルを解凍したら、Cドライブ直下に保存します。

保存場所はどこでもいいですが、

ソフト関係はC直下に入れておきたいです。

 

 

 

KeySwapの起動方法は管理者で実行

普通にダブルクリックで開こうとするとソフトが開けません。

 

f:id:k-aries0407:20170805204219p:plain

必ず、「管理者として実行」をクリックしてソフトを開きます。

 

KeySwapの使い方

使い方は簡単です。

ポチポチクリックするだけで直観的に設定ができてしまいます。

 

f:id:k-aries0407:20170805130831j:plain

キー名に変更したいキーをクリック

変換キー名に割り当てたいキーをクリックします。

これで「ファイルへ保存」

「終了」と押せば設定完了。

 あとはパソコンを再起動したら設定が反映されています。

 

私の設定方法

 では私の設定方法を紹介します。

とはいっても、たくさんのカスタマイズをしたわけではありません。

変更点は1つだけです。

 

f:id:k-aries0407:20170805130514j:plain

 今私が使用しているPCのキーボードです。

アウトレット品 Dell Inspiron 15 3000シリーズ (3567) [メーカー保証:2018年3月下旬まで] ( Windows 10 Home 64ビット / Core i3-6006U / 4GB / 1000GB / DVDスーパーマルチ / 15.6インチ )

新品価格
¥49,800から
(2017/8/5 21:40時点)

 問題点としては、

 よく使うBackSpaceが小さい。

さらに、NumRockとDeleteと隣り合わせになっていて、押し間違いがありました。

 

f:id:k-aries0407:20170805130831j:plain

 

「変換」キーの頻度が低かったので、BackSpaceに割り当ててみました。

変換自体はスペースキーでできますし問題ありません。

 

小さなBackSpaceキーを狙って打ちにいっていましたが、

この配置だとホームポジションが崩れずにタイピングすることができます。

ただ、慣れるまでは少し大変ですw

まとめ

 例えば、ShiftキーやCtrlキを変換キー位置に割り当てると

ホームポジションを崩さずにショートカットなどを使えるので便利ですね。

キー無効もできるので使用しないキーは無効にする手もあります。

 

すこしの工夫で仕事がやりやすくなります。

便利なものがあるのですから、どんどん使っていくべきです。