医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

いつまで学生気分でいるつもり?職場は学校ではありません。

「今日も寂しくぼっち飯今日も寂しくぼっち飯」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

当院の教育システムの問題なのか、

社会人としての意識が足りないなと感じることが多いです。

教育担当者は居るのですが、いまいち教育できていないようです。

 

まわりの目を気にしない?

医療事務は、人の立場に立って考える能力が非常に重要です。

「今、あの人はどんなことを感じているだろう」

「何を求めているのだろう」

常に考えた行動が求められます。

 

つまりは、「空気を読め」ってことです。

周りの雰囲気もつかめず、自分だけしか見えていない人は、

職場の中からも、患者さんからも敬遠されます。

 

何のために早く出勤しているの?

「新人は先輩よりも早めに出勤しろ」なんて強制はしていませんが、

早めに来て掃除等をしています。

ある程度掃除が終われば、朝礼開始までは自由時間です。

 

せっかく時間があるのに、だらだらとおしゃべりをしている人は

何のために早く来ているのでしょうか?

 

学生の授業前のような感じです。

10分でも時間があれば何か少しでも作業できますよね。

朝礼終了後にバタバタと準備をするくらいなら、

その時間を有効活用しようとは考えないようです。

 

ガールズトークは撲滅しない?

どこの職場でもガールズトークはあります。

あまりにも酷い時は注意しますが、

聞いていて「高校生か?」と思うような内容ばかりで呆れてしまいます。

 

そんな調子でダラダラと残業されると、

熱心に頑張っている人の邪魔になります。

 

上司はしっかり見ています。

自分の行動は、しっかりと評価に反映されています。

 

まとめ

俯瞰で物を見る、そして最適な行動に移すということが出来ればいいのですが、

特に最近入職して来た子たちは、そのような能力が低いです。

OJTの中で、じっくりと教育していく必要があるので、

教育担当者の負担にも気を配る必要がありそうです。

入社3年目までに身につけておかないとヤバい社会人のルール

入社1年目の教科書

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ