医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

マイナンバーカードが共通の診察券になる?!

「個人事業主です。取引先に自分のマイナンバーを知らせないといけませんか?個人事業主です。取引先に自分のマイナンバーを知らせないといけませんか?」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

2016年1月1日「マイナンバー制度」がスタートし、自宅にマイナンバー通知カードが届きましたね。すでにマイナンバーカードを取得されて、活用されている方もいるかもしれません。

私のまわりでは、マイナンバーカードを取得されている人はあまりいません。

というよりも関心が全くないです。

「何それ美味しいの?」って感じです。

 今回は、現状のマイナンバーカードのメリットと、将来性について考えてみたいと思います。

 

 

マイナンバーって何?

はじめに、マイナンバーについて書いてみます。

日本国内の全住民に指定されている12桁の番号です。

社会保障・税・災害対策分野の事務の手続きに限って利用されます。

行政の効率化、国民の利便性を高める制度として導入されました。

大きな目的としては、

 

1.公平・公正な社会の実現

2.行政の効率化

3.国民の利便性の向上

を目的としています。

 

マイナンバーと通知カードの違い

通知カード(マイナンバー)は持っているけど、

マイナンバーカードとどう違うのか。

 

簡単に説明すると、

 

通知カードは、番号を国民に通知するだけの書類

マイナンバーカードはICチップを搭載し、マイナンバーを記したカード

 

制度開始時は混乱した人が多かったですが、徐々に慣れてきた感じがします。

f:id:k-aries0407:20170923112713p:plain

http://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/mynumber_difference.pdf

 

 

 

マイナンバーのメリット

総務省のホームページにマイナンバーカードのメリットについて書かれていました。

 

  • 個人番号を証明する書類として
  • コンビニなどで行政上の各種証明書を取得
  • 本人確認の際の公的な身分証明書として
  • 各種行政手続きのオンライン申請
  • 不可サービスを搭載した多目的カード
  • 各種民間のオンライン取引、口座開設

 

http://www.soumu.go.jp/main_content/000379922.jpg

総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|より

 

個人番号の証明は当たり前ですが、

「コンビニでの各種証明書取得」「各種行政手続きのオンライン申請」などがメリットとしてあげられています。

先日見かけたのは、コンビニのマルチコピー機にマイナンバーカードをかざし、パスワードを入力することで、住民票などの書類が取得できるようになりました。

また、確定申告をオンラインで行う「e-Tax」は、マイナンバーカードのICチップを使ってオンラインで個人証明し、登録するという仕組みのようです。

もちろん、本人確認のための証明書としても利用できます。クレジットカードなど本人限定受取の配送物を受け取る際の本人確認証明書にもなります。

 

ただし、市区町村によってサービスの取り組み状況が違います。

サービス内容についてはまだまだですので、我々にメリットがあるというよりは、

行政側にメリットがある状況ですね。

 

f:id:k-aries0407:20170923113418p:plain

 

やっと本題!共通の診察券はできる?

2017年6月に群馬県前橋市の診療所で実証実験を実施されたようです。

患者が持っている複数の診察券を1枚に集約し、利便性を高める狙いです。

受診者が受付の端末にマイナンバーカードをかざすと、クラウドから診察券番号、氏名などのデータを呼び出し、受付スタッフが本人確認できるという仕組みです。

 

今の普及率では到底難しいですが、

これが実現すればどうなるのでしょうか。

 

医事システムや電子カルテの連携なんかもどのようになるのでしょうか。

マイナンバーの情報と紐づけていくのであれば、

連携の仕様変更は大変ですね。

 

さらに、院外薬局なんかとも連携できて、

保険情報も最新情報が常にマイナンバーから取得できるようになれば、

返戻も減りますし病院としては大助かりです。

いちいち患者さんに保険証を出してもらわなくても済むわけですから。

 

共通診察券はすでに有る

すでに、複数の医療機関の間で共通診察券を利用できるように運用されているところがあります。

それが、「京都府」です。

 

地域共通診察券「すこやか安心カード」

どこでも、誰でも利用できる地域共通診察券で皆様の健康・医療・福祉情報の管理を。

地域共通診察券「すこやか安心カード」は、お住まいの地域内の対応医療機関(病院・診療所・調剤薬局)であれば、どこでも共通の診察券としてご利用いただけます。これまでの様に何枚もの診察券を持ち歩く必要もなくなります。また、ICカード機能により、お薬手帳や医療費明細書、様々な検査結果など、対応医療機関から提供される医療情報を自分自身で簡単かつ安全に管理することが可能となります。

 地域共通診察券のメリット

 

pocketkarte.net

 

病院、診療所、調剤薬局で使用することができ、

医療費の明細書、検査結果、お薬手帳などを

ポケットカルテというアプリと連携させることができ、一元管理することができます。

 

これが、高齢者の方に活用できるかはわかりませんが、便利なシステムです。

将来的には、マイナンバーカードの共通診察券もこのようなイメージだと思っていいですね。

 

これといったメリットはない、、将来性は?

身分証明書は運転免許証があるし、行政手続きも役所に直接行く派だから何もメリットを感じない。という人も多い。

マイナンバーカードに情報が全部入ってしまったら、紛失した時や盗難にあったときが怖い、という人もいますね。

確かに、マイナンバーカードを中心として様々な個人情報を取り出すことができてしまいます。それは便利でもありますが、厳重に管理をしなければなりませんね。

それゆえ、国民はどこか消極的で、普及率が上がりません。

何かわかりやすいメリットを提示しなければ、「作りたい!」とは思いませんよね。

 

非現実的ですが、

  • 指紋認証などでセキュリティを強化する
  • 保険証情報をマイナンバーカードに組み込む
  • クレジットカードやポイントカードなどの磁気カードを組み込める
  • めんどくさいから全部のカードを1枚にまとめちゃえ!

 

調べてみると、

クレジットカードなどを1枚に集約できる技術はすでにあるようです。

なので、技術的には可能です。あとはセキュリティと予算ですねw

japan.cnet.com

 

 まとめ 

  マイナンバーカードは現状では身分証明証程度のメリットしかありません。

市区町村によってサービスは異なるので確認が必要です。

将来的には、国民の利便性が高まっていけばいいですね。