医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

月曜日に仕事の憂鬱を軽減するための3つの方法

「波打ち際を裸足で歩く若い女性波打ち際を裸足で歩く若い女性」のフリー写真素材を拡大

月曜日、「あー月曜日だ、行きたくない」「やる気が出ない」そう感じる方は多いのでははないでしょうか。

今回は、少しでも月曜日の憂鬱を軽減させるための方法をまとめてみます。

 

単純なタスクからやる

月曜日からいきなり頭をフル回転!なんて無理ですよね。

会議やミーティングのスケジュールを立てるときにも、月曜には入れないように調整をするようにします。

特に連休明けには普段からやり慣れているような仕事を用意しておくのがいいですね。

 

 

休日にダラダラ過ごさない

ある程度休息をとることは必要ですが、

ダラダラと寝てばかりいては、なんともいえない虚無感が生まれてしまいます。

充実した休みを取ってこそ、平日にしっかり仕事に取り組めます。

 

無理して頑張らなくてもいい

時には5割くらいの力で働くことも必要です。

いつもフルペースで働いていては人間もちません。

月曜日から徐々にペースを上げていくのも、仕事のやり方です。

 

ただし、ずっと5割の力だと周りの人から「仕事していない」と思われるかもしれませんので、しっかりメリハリをつけて働きます。

時には力を抜いて仕事をしましょうってことです。

 

まとめ

月曜日は残業せずに帰りたいですね。

17時以降のプライベートを充実させれば、少しでも仕事の憂鬱は晴れるのではないでしょうか。