医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

マダニ感染症って何?症状と治療方法についてのまとめ

先日、マダニ感染症がイヌからヒトに感染したというニュースが流れ、厚労省からも注意喚起がされています。

マダニが重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という病気の媒介になっているようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

今回は、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について調べてみました。

 

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは

SFTSは2011年に中国の研究者らによって発表されたブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新しいウイルスによるダニ媒介性感染症である。2013年1月に国内で海外渡航歴のない方がSFTSに罹患していたことが初めて報告され、それ以降他にもSFTS患者が確認されるようになった。SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。検査所見上は白血球減少、血小 板減少、AST・ALT・LDHの血清逸脱酵素の上昇が多くの症例で認められ、血清フェリチンの上昇や骨髄での血球貪食像も認められることがある。致死率は6.3〜30%と報告されている。感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)を介したものが中心だが、血液等の患者体液との接触により人から人への感染も報告されている。治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはない。

 ※[引用] 国立感染症研究所

 

まとめると、、

  • 潜伏期間は6日~2週間
  • 発熱、消化器症状、頭痛、筋肉痛、神経症状、出血症状
  • 致死率6.3~30%と高い
  • 感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)が中心
  • 有効な薬剤やワクチンは無い

致死率が高いにも関わらず、有効な治療法がないというのが怖いです。

この感染経路のマダニとはどんなものなのでしょうか。

 

マダニの生態

気持ち悪い。

画像を見るだけで寒気がします。

 

まずノミと違ってマダニは肉眼で確認できます。

吸血することで体長が倍以上に膨れ上がるのもマダニの特徴です。
幼虫、若虫、成虫と成長するごとに吸血をするので、生涯の吸血回数が3回らしいです。1回吸血を完了させるのに10日ほど掛かります。10日間程度寄生主に気付かれてはならないため、マダニは吸血時に麻酔の様な物質を分泌します。

 

分かりやすいYOUUBE動画を見つけました。

苦手な人は見ないでください。

動いているのを見るだけでも私は気持ち悪いです。

www.youtube.com

 

マダニの食料は、動物の血液です。

そして良くねらわれるのがイヌやネコです。

 

 

噛まれたらどの診療科へ行く?

噛まれていることに気付いたら、まずは「皮膚科」がいいでしょう。

できれば、内科や外科が揃っている病院が良いと思います。

皮膚科で診察後、内科で診察した方がいい場合もありますので、そのあたりの連携がとれたほうがいいです。

もしも、感染症にかかっていた場合、重症化する前に対処を取ってもらうと安心です。

 

あらかじめ、マダニに噛まれたという事実を伝えておくことも忘れずに。

 

まとめ

・マダニが肌についているのを見つけたら

→ピンセットで皮膚に近いところからはさんで垂直に抜く。

 

・黒いとげが残っていたら

黒いとげのようなものや虫体の一部が残っていたら1~2日以内に皮膚科または外科の受診を。

 

・熱、吐き気・嘔吐、下痢、全身倦怠感などの症状が出たら

→このような症状が出た人は内科へ行き、マダニにかまれたことを必ず伝えよう。

 

草むらに生息しているので、なるべく草むらには行かないというのも大事ですね。

特に犬を飼われている方は気を付けてください。