医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

患者さんからの贈り物を上手に断る方法


f:id:k-aries0407:20171019211837j:image

患者さんや患者さんのご家族から、「ほんの気持ちです」とお礼の品を持ってこられたことがあります。病院の規則としては、患者さんから贈り物を受け取ってはいけないということになっていますので、職員は対応に困ってしまいます。

きっぱりお断りするのですが、爽やかに、失礼のないように断りたいですね。

 

 

患者さんによって手法は様々

「規則で禁止されているんです」と説明しても、なかなか引いてくれなかったり、無理やり渡してきたりする患者さんがいます。

小さなお菓子やジュースならまだいいですが、現金や商品券など高額な商品は大変困ります。

また、最近は無くなったようですが、お菓子の包みを開けたら中にお金が入っているという罠もあったようです。

当院でも、ジュースやお菓子をもらっている人を見かけます。なかなか断れずに大きなお菓子をもらって、部署で配っている人もいました。

なかなか難しいですが、スマートに対応していきたいですね。

 

郵送で送ってくる猛者も

これが一番厄介です。

先日はウニやカニが送られてきましたが、先生は一切受け取らないので廃棄処分します。


病院の住所と先生の名前はすぐにわかりますもんね。

患者さんの気持ちはありがたいですが、病院のルール上仕方ない事です。

なので、郵便物の受け取りの段階で、患者さんからのお礼だと分かれば引き取ってもらうことにしています。

上手な断り方はコレ

ルールだからといって、冷たい断り方はダメです。上手に断りができるように考えてみました。

入院中にお礼の品を渡された時

「今はお気遣いいただくことができません。早く元気になって退院してくださいね。」


高価そうなもの

「お気持ちありがとうございます。全ての患者さんに快適に過ごして頂きたいと思っていますので、このような高価なものを受け取ることはできません。」


現金を渡された時

「お気遣いはうれしいのですが、病院からちゃんと給料をいただいていますので、お金は受け取れません。」

まとめ

お礼の品を渡される患者さんの真意はどのようなものなのでしょうか。

私は、「いい患者(人)だと思われたい。」という気持ちが大きなウエイトを占めていると思っています。受け取るべきかどうかは、どんな思いが込められているかが大切です。

それによって、適切な断り方をしていけばいいかなと思います。