医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

医療事務の知られざる業務VIP対応は大変だった

「あらゆる業務を支える敏腕秘書あらゆる業務を支える敏腕秘書」[モデル:朽木誠一郎 さとうゆい]のフリー写真素材を拡大

医療事務様々な業務があり、レセプトや受付などは良く知られています。

中には、VIP対応をしなければならない場合もあり、精神的にまいってしまう場合があります。

今回はVIP対応の大変さについて書いてみたいと思います。

 

VIPってどんな人?

主に、理事長や院長の知り合いです。

専務理事の知り合いの場合もありますが、顔が広いのはやはり院長です。

医師であり、病院経営者となると顔も広く、政界や企業の社長クラスの対応をしなければなりません。(名前は伏せます)

 

受診や健診で病院に来られると、事務員はヒヤ汗ものです。

 

医事課の管理職が対応する

基本的には、部長、課長が対応します。

受診の予約対応や健康診断の予約や説明などを説明しなければなりません。

 

もし、予約が一杯だったとしても、「院長の知り合いなので!」とねじ込みます。

医師や看護師も「あーまたか」という感じで対応してくれています。

 

知り合いの対応で忙しい

重なる日はたくさんの対応を強いられることがありますので、

知人対応で忙しい、なんて日もざらにあります。

院長からも「〇〇さんが来るから、しっかり対応するように!」なんて指示が来たりします。

 

役職があがるにつれ、VIP対応で通常業務をしていられないなんてことがでてきます。残念ながら、院長秘書はそこまで対応してくれないようです。

VIP対応が頻繁にあるのは当院だけなのでしょうか?

 

まとめ

働いてみなければわからないことだと思います。医事課の知られざる業務はまだまだたくさんありそうですので、また紹介したいと思います。

 

「おもてなし」という残酷社会 (平凡社新書839)