医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

MRIを予約なしで当日受けられる病院は極めて優良病院かもしれない

f:id:k-aries0407:20171101070032j:plain

MRIを予約なしで受けた経験ってありますか?

予約なしで脳神経外科や整形外科の受診に行った時、その日にMRIを撮ってもらえたかどうかです。

多くの病院ではその日には撮影できず、後日予約を取ってきてもらうというところが多いようですが、なぜこのような違いがあるのでしょう。

 

多くの病院は予約制をとっている

病院であれば予約制をとっているため一日の予約枠が埋まってしまえばそれ以上予約を受け付けることが出来なくなります。

まず最低限ですが、単純に「MRIの予約を入れたい」だけでは予約は取れませんので、新規の患者さんはまず受診に来る必要があります。

 

限られた予約枠の中に、様々な患者さんを撮影します。

  • 外来患者(脳神経外科・整形外科等)
  • 他院から紹介された患者
  • 関連施設の患者
  • 入院患者
  • 健康診断・人間ドック・脳ドック

 これだけの患者さんがいると、すぐに予約が埋まってしまうのもわかりますね。

予約制をとられている病院については、受診当日にMRIを撮ってもらえる可能性は少ないかもしれません。

ただし、以下の条件がそろった時に、撮影してもらえるケースもあります。

  • たまたまMRIの枠が空いている
  • 病院が当日用のMRI枠を確保している
  • 緊急でMRIをしなければいけない場合

基本的には予約制なので、後日になると思っておいた方がいいですね。

 

 

当日撮影できる病院はないの?

これが問題ですが、予約制の病院がほとんどだと難しいと思いますが、

一部で予約制をとられていない病院やクリニックもあるようです。

 

例えばこんな運用です。

  • 健康診断・人間ドックは予約制
  • 外来患者は10:30~受付順で撮影
  • 結果もその日に説明

 こんな病院があれば、受診に行ったときにもMRIを撮影してもらえそうです。

MRIに特化されている医療機関なら可能なのでしょうか?当院は正直難しいです。

 

患者さんのニーズは、「MRIを当日撮ってほしい」というのが一番多いです。

予約を取って2週間後に来てください。なんて言われると、「あの病院はMRIがすぐ撮れない」とレッテルを貼られてしまいます。患者さんが他院に流れていってしまう可能性もありますね。

 

まとめ

結果もその日に返してもらえるのであれば、患者さんからすれば優良病院ですね。

病院としてもMRIの件数を増やしたいですし、患者さんに対して丁寧に説明すれば、リピーターや口コミで件数が増えていくのではないでしょうか。

他の病院とは違うやり方で独自性を伸ばしていくのは戦略的ですね。