医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

診察案内表示システムの導入を検討!本当に必要?

「残業中PHPコードを書くシステムエンジニア残業中PHPコードを書くシステムエンジニア」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

先日、院長から「診察案内表示システム」を入れるから検討して!と言われ、ベンダーと調整をしているところです。

院長は導入したいようですが、現場としては「う~ん」って感じです。

本当に必要なのか微妙なところなのです。

 

 

診察案内表示システムとは

大きな病院では導入されているところが多いです。

患者さんの受付番号を診察室前のモニターで表示し、どれくらい待たないといけないのかがすぐにわかります。「私は今何番目なの?」という問合せが減るということです。

 

例えばこんなシステムが有名ですね。

www.almex.jp

 

 

診察案内表示システムのメリット

導入を検討するにあたって、メリットを考えてみました。

  • 患者さんのストレス軽減
  • 声かけが無くなる
  • 受付番号で呼び出すためプライバシー保護
  • 待ち時間の問合せが無くなるので職員の負担軽減

「〇〇さーーん!」とか、看護師の大きな声が響くことも無くなるので、

待ち合いが静かになりそうです。

 

再来受付機は眼中にないみたい

診察案内表示を入れるのであれば、受付周りの運用を全体的に見直す必要が出てきます。今は受付スタッフが立って受付をしています。

例えば、再来受付機を入れないのであれば、スムーズにいくように見直しをしておかないといけません。

本来は再来受付機とセットで購入するべきなのでしょうか?まだ検討段階なのでわかりませんが、導入されている病院は、再来受付機も入っているところが多い気がします。

 

ただ機械を入れればいいもんじゃない

最新の機械を入れれば改善すると思って、多額の資金を投入してしまうと思わぬコストがかかってしまう可能性があります。

外来診察全体の流れが変わってくるので、本当に導入すべきかは慎重に進めないと後々揉めそうです。

 

電子カルテ導入の時にも思い知りましたが、アナログとデジタルはそれぞれメリットデメリットがあります。単純に、「今は他の病院もIT化が進んでいるから、うちもIT化を進めて行こう」といのではなくて、それぞれに合った用途で適切に切り分けをすることが大切だと思っています。

 

どこまで導入するかはわかりませんが、完全にデジタル化してしまうと、ベテランの看護師や医師はついてこれるか?パートの事務員が理解できるか。システム担当者の負担は増えないのか。

あらゆるケースを想定して導入を進めていきたいと思います。