医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

女性だらけの職場で男性が働く上で知っておくべきこと4つ

女性が多い職場だと、優しそうだとか癒されそうというイメージをお持ちですか?

医療事務という職場は女性が多い場合が多いです。当院も女性が圧倒的に多いですが、

これだけは断言できます。働きやすい職場は男性が多い職場です。実体験からその理由をまとめてみました。

 

1.感情的になる

男性と女性の考え方で大きく違う点に、男性は論理的思考、女性は感情的思考であるということがありますね。

仕事をしている以上は効率的にすすめていかなければいけません。

ミスをしたとしても、今後の改善策を一緒に考えないといけないのですが、

注意と共に「どうすればいいか考えて」と言われます。結局新人は困ってしまいます。

 

男でもイライラする時はありますが、女性は男性の8倍もの感覚を持っていると言われています。ヒステリックになって怒っている女性はいませんか?

感情を抑えられないんですね。

 

スポンサードリンク

 

2.人間関係がドロドロしている

f:id:k-aries0407:20171113224941p:plain

休憩中などの雰囲気を見ていると、仲よさそうに見えますが、実は表面上行っているだけで、めちゃくちゃ嫌っていたりします。

 

女性の数が増えると、必ず派閥ができます。

派閥ができると他の派閥とのコミュニケーションが取れなくなり、ドロドロとした関係に陥ってしまいます。

男性職員は、その人間関係に巻き込まれないように過ごさなければなりません。

 

派閥(グループ)内で情報共有がストップしていることも多々あります、仕事に関することでもです。上司に報告が上がってきてないと思ったら、派閥内でホウレンソウをしていた。なんてこともあります。

 

3.男性であることを理由に仕事が増える

「くそっやられた(ガタッ)くそっやられた(ガタッ)」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

パワハラじゃない?って思うのですが、こんなことが横行しているのが現状です。

  • 力仕事
  • 汚い仕事
  • 残業

「 男なんだから残業して」

問題なのは「男だから仕事量を多く任される。」「汚い仕事や面倒な仕事を押し付けられる。」という部分。これってパワハラですよね。

 

普段は事務職の男性にきつく当たる看護師たちもいざ男性患者がクレームを言ってきたりすると、「男の人じゃないと対応できないから。」と言って急に性別を出してきます。

男だから、女性が嫌がることは進んでやってあげよう、と思う方は向いているかもしれません。

ただ、なんでもかんでもやっていると、お姫様感覚が芽生えてしまい、何もしてくれなくなりますので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

4.女性が多いと、男より強くなる

f:id:k-aries0407:20171113224717p:plain

男性が多く、女性が少ない職場だったら、女性らしくやわらかい印象の職場になるでしょうか。

女性が多いと、必然的に感情的に叱れるような女性の先輩が出てきます。

そんな女性から男性よりもストレートに叱られる状況に置かれると、知らないうちに強くなっていきます。

看護師さんがその典型ですね。

 

 まとめ

女性が多い職場は、働きやすいとは言えませんね。

おおくても少なくてもいけない、男女比のバランスが取れていることがいいですね。

年齢や男女比もバランス良いことがいいかもしれません。

若い年代ばかりで女性ばかりの職場だと本当に大変です。

私の経験上、仕事を教えるのは男性の方が長けている印象があります。教育者がいて、新人を育てる形が整っている会社を探しましょう。