医療事務員のブログ

若手医療事務員が日々感じたことを書き残します。

朝礼の時間は何時からするべきか?働き方改革の影響

 「ホワイトボードに書いて説明する美人広報ホワイトボードに書いて説明する美人広報」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

「働き方改革」で、これまでの勤務形態がどんどん改善されていきます。

具体的な対策がなされないまま、「早く帰れ」と言われる方もいるのではないでしょうか?

当院では、朝礼や会議にも影響が出てきています。

 

 

医療事務の勤務時間は?

当院の医療事務の勤務時間は8:30~17:00までです。

当然、時間までには出勤していますが、実際に働き始めるのは8:30からです。

 

10分前に来る人もいれば、8時には出勤している人も居ます。

 

一方で朝礼の開始時間は?

事務全体の朝礼開始時間は

毎週1回、8:15~から開始しています。

 

さらに、毎日医事課だけで受付開始前に朝礼を行っています。

8:30の数分前です。

 

 

時間を変更する?

上司は、『8:30の勤務開始までに朝礼をするのはいかがなものか?』という考えです。

確かに、勤務時間外といえば時間外です。

 

ではどの時間にすればいいのでしょうか。。

『8:30~にしようと思うが、全員にアンケートをとる!』と言い出しました。

 

え?

8:30~だと、受付が始まってしまいますし、朝礼なんて参加できなくなるよ?

無理やりに時間を変えるのは得策ではないでしょう・・。

 

せめて朝礼の時間を短く

朝礼に無駄な事は省いていきませんか?

業務開始前に行うのはやむを得ないと思います。

たくさんの職員が集まるわけですから、限られた時間を有効に、効率的に使ってくださいってことです。

 

まとめ

働き方改革は良いことですが、機械的に変えていくだけでは現場から反発が起こります。

せめて、今ある時間を、効率的に使っていくことを考えていくべきです。

また、1点しか見れていないと周りから反発が起きますので、何か改善をするときには注意が必要ですね。